ヴォルスタービヨンドが 薄毛の原因になるってマジ?

増大サプリで人気のヴォルスタービヨンドですが、男性ホルモンの増加で薄毛・ハゲの原因になるという噂を聞いたことがあるかもしれません。

この記事ではヴォルスタービヨンドと男性ホルモンの関係から、本当に薄毛になってしまうのか検証していこうと思います。

余計な心配せずに使っていきたいですからね。

科学的な根拠と共にご紹介していきます。

男性ホルモンとハゲの関係

ヴォルスタービヨンドの最大の特徴はアルギニンを配合しているということですが、アミノ酸に分類される栄養素で「体内のホルモン濃度を濃くさせる」という効果があります。

男性ホルモンが濃くなるからこそ、ムラムラ感アップや男性機能アップに繋がるんですね。

ヴォルスタービヨンドは男性ホルモンを濃くさせることは間違いありません。

じゃあ薄毛の原因になるのかというと・・・

続きを読んでみてくださいね^^

ハゲの原因は男性ホルモンではない

男性ホルモンが濃くなると薄毛になりやすい・・・そんな風に考えてしまう方も多いかと思います。

でも実は、これはただの噂に過ぎません!

そもそもどうして誤解しているのかというと、剛毛の人=性欲が強い、と短絡的に考えてしまうからなんですね。

しかし薄毛の本当の原因は、両親の影響や血流量、悩み、寝不足、偏った食生活、喫煙などと言われているんです。

男性ホルモンどうこうより、生活習慣や両親の影響が薄毛の直接的な原因になることが知見を通して知られています。

ヴォルスタービヨンドが薄毛を防止する!?

正しいと思っていた情報が180度違っていた、なんてことはよくありますよね。薄毛は悪い生活習慣が原因なんですね。

30歳を超えるとカラダのあちこちが悪くなってきますよね。

実は、ヴォルスタービヨンドを続けることで体質が改善され、結果的に薄毛を防止する可能性もあるそうなんです。

ハゲが治る!というのは薬事法で禁止されていますが、ヴォルスタービヨンドのアルギニンはカラダの血流を良くするので、頭皮の血流も良くしてくれます。

また疲労回復にも関係しているので、寝不足が解消されて、睡眠時間も増えてきます。

ヴォルスタービヨンドが薄毛の原因になるどころか、解消する働きも期待できる、というのは驚きだと思います。

ヴォルスタービヨンドは男性ホルモンを濃くさせるが、男性ホルモンが薄毛の原因ではなく生活習慣が本当の原因。

また悪い生活習慣で悪くなったカラダの根本からアプローチするサプリメントなので、結果的に薄毛とは逆の効果が期待できる。

まとめるとこんな感じでしょうか。

余計な心配はせず、思い切り増大に挑戦してみてくださいね!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*